珠洲市珠洲市(SUZU CITY) 市の花:椿
サイトマップ 文字サイズ
拡大標準縮小
背景切り替え
印刷用画面
btn_mobile
現在位置:トップページの中の観光・イベントの中の文化財から倒スギ

倒スギ

倒スギ(さかさすぎ)


 高照寺の前の水田の一角に立っている独立樹で、能登の一本杉ともいわれている。高さ12m、胸高周り6.8mで、張り出した枝が松の老樹のように捻転下垂している。台風被害などで樹勢が衰えたため、幹上部や枝を切るなど大掛かりな治療がおこなわれ、かつての勇壮な樹形は失われてしまったが、現在は回復傾向にある。
 この杉の周辺は、かつて高照寺の境内で、中世の頃は、七堂伽藍を擁した霊場であったという。それにまつわる伝説がある。
 若狭の八百比丘尼(はっぴゃくびくに)が能登行脚の途中、眼病を患ったので、高照寺の薬師如来に祈願をし、千万遍の念仏を唱えることで、病は快癒した。境内でお昼を食べ、杉の箸を地面に刺したところ、枝葉が伸びだしたが、刺した方向が逆さまだったので、逆さに生えてしまったのだという。


【表示】(CC BY)ライセンスの解説ページへ
このコンテンツは Creative Commons の【表示】(CC BY)ライセンスに従う限り、自由に二次利用可能です。
Get Adobe Reader

本サイトをご覧いただくためには、アドビリーダーが必要です。
こちらからダウンロードしてください。


お問い合わせ
教育委員会事務局
Tel 0768-82-7816
Fax 0768-82-6630
kyouiku@city.suzu.lg.jp

よりよいウェブサイトにするために
ご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?



 
アクセシビリティへの配慮 | 個人情報の取扱い | リンク・著作権・免責事項