珠洲市珠洲市(SUZU CITY) 市の花:椿
サイトマップ 文字サイズ
拡大標準縮小
背景切り替え
印刷用画面
btn_mobile
現在位置:トップページの中の観光・イベントの中の文化財から奥能登のあえのこと

奥能登のあえのこと

奥能登あえのこと(おくのとあえのこと)


 奥能登一帯に伝わる田の神行事。全国的に「田の神様」と呼ばれる神事が伝承されているが、奥能登のものは、古式と厳格さをとどめており、きわめて貴重なものである。一般的に、アエは神を供応する「饗」、コトはハレの行事を意味する「事」で、「饗の事」と考えられている。
 田の神は夫婦神で、稲穂で目を突いたとか、長い間暗い土の中で働いておられたために目が不自由であるとされ、所作のいちいちに言葉掛けを行なう。12月5日に、正装した主人が田まで神を迎えに行き、メバル、ブリ、二股大根など海の幸・山の幸で供応。いろりで暖をとってもらい、風呂に案内したあと、春までゆっくり休んでもらう。2月9日に再び田へ送り出す。

Get Adobe Reader

本サイトをご覧いただくためには、アドビリーダーが必要です。
こちらからダウンロードしてください。


お問い合わせ
教育委員会事務局
Tel 0768-82-7816
Fax 0768-82-6630
kyouiku@city.suzu.lg.jp

よりよいウェブサイトにするために
ご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?



 
アクセシビリティへの配慮 | 個人情報の取扱い | リンク・著作権・免責事項