平成20年度財政比較表等

 珠洲市では、住民のみなさまの理解と協力を得ながら財政の健全化を推進していくために、他の市町村と比較可能な指標をもって分かりやすく情報を開示し、今後の財政運営上の課題をより明確にするため、人口や財政規模等が類似した団体間で比較分析した「財政分析表」および「歳出比較分析表」を作成しましたので公表いたします。

平成20年度 財政比較表(総括)

比較を行う財政指標
  平成20年
(1)
平成19年
(2)
比較
(1)-(2)
分析・対応方針等 平成20年類似
団体平均
財政力指数0.260.250.01・自主財源が少なく、財源を地方交付税などに依存
・税・料金の未収金の回収強化など自主財源の増を図る
0.50
経常収支比率96.0%95.8%0.2%・財政の硬直化の状況は変わらない
・職員の削減や繰出金の削減を行う
90.4%
実質公債費比率21.0%20.9%0.1%・一部事務組合の負担金や公営企業会計への繰出金が高水準で推移
・繰上償還や起債抑制に努める
16.9%
将来負担比率122.2%133.3%△11.1%・地方債現在高の減などが主要因
・繰上償還や起債抑制に努める
128.3%
ラスパイレス指数92.1%91.7%0.4%・退職者不補充により職員構成が高年齢化
・適切な人件費を維持しつつ行政規模に見合った指数となるよう努める
95.8%
人口1,000人当たり職員数12.56人13.80人△1.24人・市面積が広く職員数を確保せざるを得ない
・今後も職員数の削減等に努める
9.46人
人口1人当たり人件費・物件費等決算額149,573円152,092円△2,519円・退職者不補充などにより組織のスリム化を実施
・今後も適正な執行に努める
134,538円
主要な対応方針

・一般財源の枠配分方式予算編成による事業費の圧縮
・退職者不補充等による職員数の削減(平成17~21年の5年間で82人の削減) 
・高金利政府系資金の繰上償還や下水道事業の年次計画見直しによる新発債抑制および繰出金削減。
・事業計画を精査し、緊急度や住民ニーズを的確に把握し、行政規模に見合った財政運営に努める。

詳細についてはこちらをご覧ください。

財政比較分析表(平成20年度普通会計決算)(PDF 285KB)

平成20年度 歳出比較分析表(総括)

経常収支比率ベース

(単位:%)

  平成20年
(1)
平成19年
(2)
比較
(1)-(2)
対応方針等 平成20年類似
団体平均
人件費24.425.5△1.1・退職者不補充等による職員数の減等
・目標は平成17~21年の5年間で82人の減
26.0
物件費6.86.40.4・類似団体中3位
・今後も適正な執行に努める
11.6
扶助費2.72.50.2・類似団体の平均を大きく下回る
・今後も適正な執行に努める
5.8
補助費等20.920.40.4・一部事務組合に対する負担金が要因
・今後も高水準で推移するが歳出削減に努力
10.0
公債費24,925.6△0.7・平成13年度以降温浴施設、多目的ホール整備など大型プロジェクトを実施し、ピークは平成21年度となる見込まれ、その後も高い水準で推移する見込み。
・今後も事業の緊急度や優先度を充分に検討。新規の地方債発行を抑制。また、繰上償還を実施。
22.7
その他16.315.40.9・下水道施設の維持管理費等、公営企業会計への繰出金が主要因。
・併せて建設費の抑制など運営経費節減に努める
14.3
合計96.095.80.2 90.4
人口一人当たり決算値ベース

(単位:円)

  平成20年
(1)
平成19年
(2)
比較
(1)-(2)
分析・対応方針等 平成20年類似
団体平均
普通建設事業93,85654,57139,285・まちづくり交付金事業や庁舎耐震改修工事等による
・今後も緊急度・優先度の高いものから実施するように努める。
57,848

詳細についてはこちらをご覧ください。

歳出比較分析表(平成20年度普通会計決算)(PDF 131KB)


参考:類似団体 計88市
北海道 根室市岩手県 遠野市、陸前高田市、二戸市、八幡平市
宮城県 白石市、角田市秋田県 にかほ市
山形県 寒河江市、村山市、長井市、東根市、尾花沢市、南陽市福島県 田村市、本宮市
茨城県 下妻市、高萩市、北茨城市、常陸大宮市、稲敷市、かすみがうら市、桜川市、行方市栃木県 那須鳥山市
新潟県 小千谷市、加茂市、見附市、糸魚川市、妙高市、阿賀野市、魚沼市、胎内市富山県 滑川市、黒部市、小矢部市
石川県 輪島市福井県 大野市、勝山市
山梨県 韮崎市、北杜市、甲州市長野県 駒ヶ根市、中野市、飯山市、東御市
岐阜県 飛騨市、海津市静岡県 湖西市、御前崎市、菊川市
三重県 亀山市京都府 綾部市
兵庫県 加西市、篠山市、宍栗市和歌山県 有田市
島根県 安来市、雲南市岡山県 井原市、高梁市、新見市、美作市
広島県 庄原市、安芸高田市徳島県 阿波市
香川県 東かがわ市愛媛県 伊予市
福岡県 うきは市、みやま市長崎県 西海市、雲仙市
大分県 竹田市、豊後高田市、杵築市、豊後大野市、国東市宮崎県 串間市、西都市、えびの市
鹿児島県 阿久根市、垂水市、曽於市、志布志市、南九州市、伊佐市   

財政用語についてはこちらをご覧ください。

財政用語集