公園施設整備計画について

 珠洲市では社会資本整備総合交付金により、公園利用者が安全で快適にご利用できるように、施設の耐震化や遊具の更新などを進めています。


計画の名称
 地域活性化・豊かな暮らしを実現する安心安全な公園づくり(防災・安全)

計画の期間
 平成29年度から平成31年度まで(3年間)

計画の目標
 珠洲市が管理する都市公園における公園施設について、今後進行する老朽化に対する安全対策の強化と改築・更新費用を平準化させ、維持管理費の縮減をする観点から、適切な施設点検、維持補修等により長寿命化をさせることにより、多様な公園利用者への安心・安全を確保する。
 特に野々江総合公園については総合体育館などが併設されており、市内都市公園の中でも利用者が最も多く利用する総合公園であり、災害救援隊の受入施設として地域防災計画にも指定されているため、施設の耐震化、バリアフリー化を図る。


 ・社会資本総合整備計画書   ・チェックシート