障害者福祉について

身体障害者手帳の交付

肢体・視覚・聴覚・平衡機能・音声機能・言語機能・そしゃく機能・心臓機能・じん臓機能・肝臓機能・呼吸器機能・ぼうこう又は直腸の機能・小腸機能・ヒト免疫不全ウィルスによる免疫機能に永続する障害がある場合で、その程度により1級から6級までの手帳が交付されます。

  • 申請に必要なもの
     申請書
     診断書
     顔写真(たて4cm×よこ3cm) ※1年以内に撮影したもの

身体障害者手帳の再交付

  • 障害の程度が変わった場合 
   申請に必要なもの ⇒ 診断書、顔写真(たて4cm×よこ3cm) ※1年以内に撮影したもの
  • 紛失、破損した場合 
   申請に必要なもの ⇒ 顔写真(たて4cm×よこ3cm) ※1年以内に撮影したもの

身体障害者手帳の返還

障害を有しなくなった場合又は本人が死亡した場合は、速やかに手帳を返還してください。

療育手帳の交付

知的障害児(者)に対して一貫した指導・相談を行うとともに、知的障害児(者)に対する各種の援助措置を受けやすくするため障害の程度により、最重度から軽度までの手帳が交付されます。
  • 申請に必要なもの
     申請書
     生活現状調査票
     顔写真(たて4cm×よこ3cm) ※1年以内に撮影したもの

療育手帳の再交付

  • 障害程度の確認 
   原則として、手帳交付後2年ごとに児童相談所又は知的障害者更生相談所において判定を行います。
  • 紛失、破損した場合 
   申請に必要なもの ⇒ 顔写真(たて4cm×よこ3cm) ※1年以内に撮影したもの

療育手帳の返還

障害を有しなくなった場合又は本人が死亡した場合は、速やかに手帳を返還してください。

補装具費の支給(新規及び修理)

身体上の障害を補い、日常生活や職業活動を容易にするための補装具費を支給(新規及び修理)します。

  手足の不自由な人義手、義足、装具、車椅子、電動車椅子、歩行器、座位保持装置
  目の不自由な人矯正眼鏡、遮光眼鏡、弱視眼鏡、盲人安全つえ、義眼
  耳の不自由な人補聴器
  その他重度障害者意思伝達装置

  • 申請方法  購入前に福祉課にご相談いただき必要な補装具の見積書等が必要です。
           ※所得に応じて一部負担金があります。 

日常生活用具給付等事業

在宅の重度身体障害者等に対し、日常生活の利便を図るため、次の用具を給付します。
※所得に応じて一部負担金があります。

介護・訓練支援用具
  特殊寝台下肢又は体幹機能障害2級以上
  特殊マット下肢又は体幹機能障害1級以上
  特殊尿器下肢又は体幹機能障害1級以上
  入浴担架下肢又は体幹機能障害2級以上
  体位変換器下肢又は体幹機能障害2級以上
  移動用リフト下肢又は体幹機能障害2級以上
  訓練いす(障害児に限る。)下肢又は体幹機能障害2級以上
  訓練用ベッド(障害児に限る。)下肢又は体幹機能障害2級以上

自立生活支援用具
  入浴補助用具下肢又は体幹機能障害2級以上
  便器(手すり含む)下肢又は体幹機能障害2級以上
  T字状、棒状のつえ平衡機能又は下肢若しくは体幹機能障害
  移動、移乗支援用具平衡機能又は下肢若しくは体幹機能障害2級以上
  頭部保護帽A
  (スポンジ、革を主材料に製作)
平衡機能又は下肢もしくは体幹機能障害てんかんの発作等により
頻繁に転倒する知的障害児(者)・精神障害者
  頭部保護帽B
  (スポンジ、革、プラスチックを
  主材料に製作)
平衡機能又は下肢もしくは体幹機能障害てんかんの発作等により
頻繁に転倒する知的障害児(者)・精神障害者
  特殊便器上肢障害2級以上
  火災警報器障害種別に関わらず火災発生の感知・避難が困難な者2級以上又は
療育手帳A所持者
  聴覚障害者用火災警報機聴覚障害者2級以上、聴覚障害者のみの世帯及びこれに準ずる世帯
  自動消火器障害種別に関わらず火災発生の感知・避難が困難な者2級以上
  電磁調理器視覚障害2級以上、盲人のみの世帯及びこれに準ずる世帯
  歩行時間延長信号機用小型送信機視覚障害2級以上
  聴覚障害者用屋内信号装置聴覚障害2級以上、聴覚障害者のみの世帯及びこれに準ずる世帯で
日常生活上必要と認められる世帯

在宅療養等支援用具
  透析液加温器腎臓機能障害等3級以上
  ネブライザー(吸入器)呼吸機能障害等3級以上
  電気式たん吸引器そしゃく機能に障害のある者等4級以上
  酸素ボンベ運搬車在宅酸素療法者
  盲人用体温計(音声式)視覚障害2級以上盲人のみの世帯及びこれに準ずる世帯
  盲人用体重計視覚障害2級以上盲人のみの世帯及びこれに準ずる世帯
  人工鼻喉頭摘出者


情報・意思疎通支援用具
  携帯用会話補助装置音声言語機能障害又は肢体不自由者であって
発声発語に著しい障害を有する者
  情報・通信支援用具※上肢機能障害又は視覚障害2級以上
  点字ディスプレイ視覚及び聴覚の重複障害2級以上
  点字器標準型A32マス18行、
  両面書、真鍮板製
視覚障害2級以上
  点字器標準型B32マス18行、
  両面書、プラスチック製
視覚障害2級以上
  点字器携帯用A32マス4行片面書、
  アルミニューム製
視覚障害2級以上
  点字器携帯用B32マス12行、
  片面書、プラスチック製
視覚障害2級以上
  視覚障害者用ポータブル
  レコーダー録音再生機
視覚障害2級以上
  視覚障害者用ポータブル
  レコーダー再生専用機
視覚障害2級以上
  視覚障害者用活字文書読上げ装置視覚障害2級以上
  視覚障害者用拡大読書器視覚障害2級以上
  盲人用時計触読視覚障害2級以上
  盲人用時計音声視覚障害2級以上
  点字タイプライター視覚障害2級以上
本人が就労もしくは就学しているか又は就労が見込まれる者
  聴覚障害者用通信装置聴覚障害又は音声言語機能障害3級以上
  聴覚障害者用情報受信装置聴覚障害3級以上
  人工喉頭笛式喉頭摘出者
  人工喉頭電動式喉頭摘出者
※情報・通信支援用具とは、障害者向けのパーソナルコンピューター周辺機器やアプリケーションソフトをいう。

排せつ管理支援用具
  紙おむつ等(紙おむつ,洗腸用具,
  サラシ・ガーゼ等衛生用品)
ストーマ造設者高度の排便機能障害者
高度の排尿機能障害者
脳原性運動機能障害かつ意思表示困難者又は
学齢児導以上かつ65歳未満で意思表示が困難な療育手帳A所持者
  蓄尿袋ぼうこう機能障害者
  蓄便袋直腸機能障害者
  収尿器高度の排尿機能障害者

住宅改修費
  居宅生活動作補助用具及び
  改修工事費
下肢、体幹機能障害又は乳幼児期以前の
非進行性脳病変による運動機能障害((移動機能障害に限る))3級以上

特別障害者手当

20歳以上であって、重度の障害の状態にあるため、日常生活において常時特別の介護を要する方に支給されます。
但し、施設に入所した場合や病院に3ヶ月以上継続して入院した場合は支給されません。(所得制限あり)
  • 支給額 1ヶ月 27,200円  支給月 2月、5月、8月、11月の年4回

障害児福祉手当

20歳未満であって、重度の障害の状態にあるため、日常生活において常時の介護を要する方に支給されます。
但し、施設に入所した場合は支給されません。(所得制限あり)
  • 支給額 1ヶ月 14,790円  支給月 2月、5月、8月、11月の年4回

心身障害者扶養共済制度事業

心身障害者を扶養するものが、その生存中毎月一定の掛け金を拠出し、万が一(死亡/重度障害)のことがあった場合後に残された心身障害者に終身一定の年金を支給し、保護者亡き後の心身障害者の生活の安定と福祉の増進を図るためのものです。

心身障害者医療費給付

重度の身体障害者(児)及び知的障害者(児)にかかる医療費及び外来薬剤費の一部負担額を助成します。また、65歳以上の方の医療費や下記の半額補助対象の医療費は領
収書を福祉課に持参いただき助成いたします。(所得制限あり)
  • 対象者
     身障手帳1・2・3級又は療育手帳A・Bの方 ⇒ 全額助成
     
   ※身障3級、療育手帳Bの一部の方は平成26年3月31日診療分までは半額助成となります。 

障害年金

国民年金や厚生年金加入中に初診日のある病気・けがで障害になった人で一定の条件を満たす方に支給されます。
  • 問い合わせ先
  珠洲市市民課年金係 電話 0768(82)7744
  
七尾年金事務所    電話 0767(53)6511 

障害者温泉療養事業

障害をお持ちの方が指定の温泉旅館に宿泊された場合、宿泊料金の割引を受けることができる「指定宿泊施設利用助成券」を配布しています。

身体障害者用自動車改造費助成事業

重度身体障害者が自立した生活、社会活動への参加及び就労のために障害者自らが所有し運転する自動車を改造する場合に、改造に要する経費を助成します。(所得制限あり)
  • 改造箇所
   自ら所有し運転する自動車のハンドル、アクセル及びブレーキ等の一部を改造 
  • 対象者 
   上肢、下肢及び体幹機能障害(2級以上) 
  • 助成限度額 
   100,000円(1車両あたり1回限り) 

福祉タクシー利用料金助成事業

市内のタクシーを利用した際にタクシー料金が割引となる助成券を交付します。
  • 対象者
   身体障害者手帳1・2級の方又は1~3級で腎臓に障害のある方
   療育手帳Aの方、精神障害者保健福祉手帳1・2級の方
   ※自分で車を運転する人、家族が普通自動車税又は軽自動車の減免を受けている人は除きます。 

障害者就労施設等からの物品等調達方針について

障害者優先調達推進法第9条第1項の規定に基づき、「珠洲市における障害者就労施設等からの物品等調達方針」を以下のとおり策定しましたので、公表します。
  令和元年度 珠洲市における障害者就労施設等からの物品等調達方針 (145kbyte)pdf

いしかわ支え合い駐車場制度

いしかわ支え合い駐車場の適正利用を図るため、利用証を交付します。
申請者のほか、代理人(申請者と同居している親族に限る)による申請でも可能です。
※代理人申請の場合、身元を確認するため運転免許証、健康保険証の提示をお願いします。

利用証の交付を受けることができる方は次に該当する方となります。

身体障害者 ※有効期限なし
 交付要件
視覚障害4級以上
聴覚障害3級以上
平行機能障害5級以上
肢体不自由 ( 上肢 )2級以上
肢体不自由 ( 下肢 )6級以上
肢体不自由 ( 体幹 )5級以上
脳原生運動機能障害 ( 上肢機能 )2級以上
脳原生運動機能障害 ( 移動機能 )6級以上
心臓機能障害4級以上
じん臓機能障害4級以上
呼吸機能障害4級以上
ぼうこうまたは直腸の機能障害4級以上
小腸機能障害4級以上
ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能4級以上
肝機能障害4級以上

  知的障害者

   療育手帳の障害程度欄が「A」の方 ※有効期限なし

  精神障害者(発達障害者を含む)
   精神障害者保健福祉福祉手帳の障害区分が「1級」の方 ※有効期限なし

  難病患者
   特定疾患医療受給者及び小児慢性特定疾患医療受給者 ※有効期限なし

  高齢者
   介護保険被保険者証の要介護状態区分が「要介護1」以上の方 ※有効期限なし

  妊産婦
   母子手帳交付時から産後1年までであること ※母子手帳交付時から産後1年まで

  けが人等
   けが等による一時的な歩行困難者で、医師の証明書等により駐車場の利用に配慮が必要と
  認められること ※最長1年まで


ヘルプマーク

「ヘルプマーク」は、外見からは分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう作成されたマークです。   





【使い方】
ヘルプマークにはストラップが付いており、カバンなどに付けることができます。
また、附属物としてシールが付いているので、必要な支援をシールに記載し、マークの裏面に貼ることができます。

【交付対象者】
身体障がい者・精神障がい者・知的障がい者・難病患者・妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方

【交付窓口】
珠洲市役所福祉課、健康増進センター、珠洲市社会福祉協議会

【申請方法】
申請の際は、窓口で申請書を記入していただきます。
下記の書類をお持ちください。
・本人確認ができるもの(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード、身体障害者手帳
 など)
・援助や配慮を必要としている状態を確認できるもの(身体障害者手帳、療育手帳、精神保
 健福祉手帳、特定医療費(指定難病)受給者証、母子保健手帳など)
 ※手帳等をお持ちでない場合は、周囲からの援助や配慮を必要としている理由を確認させ
  ていただきます。

ヘルプマーク交付申請書 (20kbyte)doc



障害者計画及び障害福祉計画並びに障害児計画について

この計画は、障害者基本法第11条第3項に基づく「市町村障害者計画」及び障害者総合支援法88条に基づく「市町村障害福祉計画」並びに児童福祉法33条の20に基づく「市町村障害児福祉計画」として、障害児者がその人らしく安心した生活が送れるように「安全で安心して暮らせるまち」を目指すものです。
前回の計画評価や市民アンケート等を踏まえ、平成30年3月に障害福祉プラン【珠洲市第3期障害者計画及び第5期障害福祉計画並びに第1期障害児福祉計画】として策定しました。


障害福祉プラン (3,945kbyte)pdf

その他

所得税・住民税・自動車税・軽自動車税・自動車取得税の減免 、JR旅客(鉄道)運賃・のと鉄道旅客運賃・乗合バス旅客運賃・航空運賃・タクシー運賃・有料道路通行料金・NHK放送受信料の割引制度について詳しく知りたい方は下記問い合わせまでお尋ねください。