珠洲市珠洲市(SUZU CITY) 市の花:椿
サイトマップ 文字サイズ
拡大標準縮小
背景切り替え
印刷用画面
btn_mobile
現在位置:トップページの中の公共施設のご案内の中の珠洲焼館

珠洲焼館

珠洲焼陶工の力作が勢揃い 46人の作品を一堂に展示

珠洲市蛸島町にある珠洲焼館では、現代の陶工の多彩な作品を展示販売しています。
ゆったりとした広い館内には作品と陶工の写真が展示されており、作り手の思いを感じながら作品を手に取り、ゆっくりと選ぶことができます。
素朴で力強い独特の趣を持つ珠洲焼は、能登のお土産にぴったりです。
皆様のお越しをお待ちしております。

     

  


   

催事情報

【奥能登スタンプラリー2017】
【いしかわクールシェア】

珠洲焼館では、【奥能登スタンプラリー2017】と【いしかわクールシェア】のスタンプを設置しています。どちらもスタンプを集めると、抽選でプレゼントが当たります。

【奥能登スタンプラリー2017】
期間:平成29年7月1日(土)~9月10日(日)

【いしかわクールシェア】
期間:平成29年7月1日(土)~9月30日(土)


【現代美術展入選珠洲焼展示】

珠洲焼館では、第73回現代美術展一般の部工芸部門で入選した珠洲焼9点を展示します。

会期:平成29年8月1日(火)~8月18日(金)
場所:珠洲焼館


珠洲焼

珠洲焼は、平安時代末期から室町時代の終わりにかけて、珠洲市で作られていた中世の日本海文化を代表するやきものです。
海上交通により、室町時代には北海道南部まで運ばれ、日本列島の約四分の一を商圏とするほどに栄えていましたが、15世紀後半に一旦途絶えてしまいました。
昭和53年に復興してからも昔のように釉薬を掛けず、窯で数日間焼き締め、強い「還元焔燻べ焼き」で仕上げています。鉄分を多く含んだ珠洲の土と千二百度を超える温度で焼き締めると、薪の灰が溶けて自然釉となり灰黒色に焼き上がります。


◎使うことで落ち着いた肌ざわりに


珠洲焼の表面の凸凹は、使いこむことにより角が取れて使いやすくなります。使うほどに落ちついた色つやとなり、自分だけの愛着ある逸品になるでしょう。

◎ビアカップ、ビールジョッキの上手な使い方

釉薬を使わないため、表面の凸凹がビールの泡立ちをきめ細かにしてくれます。最後まで美味しく飲むことが出来ます。あらかじめ、ビアカップやビールジョッキを冷蔵庫に入れ、冷やしてお使いになると、より一層美味しくいただけます。

◎花器の花が長持ちします
鉄分を多く含んだ粘土で、釉薬を使わず高温で焼き締める焼き方のため、水の浄化機能をしてくれます。水の状態が良く、お花を長く楽しめます。



※花器、酒器、湯呑、ビアカップ、コーヒーカップなど多数取りそろえています。
※珠洲焼に関するお問い合わせは、珠洲焼館まで。お気軽にお問い合わせください。


珠洲焼館 Suzu Ware Shop
営業時間9:00~17:00
休館日年末年始(12/31~1/4)
住所〒927-1204
 石川県珠洲市蛸島町1-2-480
TEL0768-82-5073
FAX0768-82-5074
E-mails-yaki@p1.cnh.ne.jp
 
Get Adobe Reader

本サイトをご覧いただくためには、アドビリーダーが必要です。
こちらからダウンロードしてください。


お問い合わせ
産業振興課 商工・労政・企業誘致係
Tel 0768-82-7775
Fax 0768-82-7802
rousyou@city.suzu.lg.jp

よりよいウェブサイトにするために
ご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?



 
アクセシビリティへの配慮 | 個人情報の取扱い | リンク・著作権・免責事項