すず観光ナビネット

LANGUAGE

文字を拡大文字サイズを標準にする文字を縮小

サイトマップ

お問い合わせ

現在位置:トップページの中のすず観光ナビネットの中の観光スポットの中の歴史・名所の中の神社・仏閣から須須神社

観光スポット

自然・景観

歴史・名所

温泉・宿泊

レジャー・体験

お祭り

観光スポット

須須神社

更新日: 2015年8月18日

日本海側一帯の守護神

  • 須須神社 
  • 山伏山山頂の須須神社奥宮 
  • 蝉折の笛・弁慶の守刀 
  • 木造男神像 
  • 須須神社社叢(国指定天然記念物) 
  • 的打神事

須須神社は日本海側一帯の守護神とされ、第10代祟神天皇の時代に創建された由緒ある神社です。祭神は、寺家高座宮の主神高倉彦神(たかくらひこのかみ)と山伏山山頂の奥宮に祀られている美穂須須美命(みほすすみのみこと)です。須須神社の宝物殿には、国指定重要文化財の木造男神像や、数々の古文書、義経ゆかりの品々が収蔵されています。中でも「蝉折の笛」は義経が海難を救われたお礼として奉納した宝物の一つです。

須須神社では、毎年3月15日に伝統行事の的打神事が行われます。流鏑馬から派生した神事で、悪神を矢で退治し一年の平安を祈ります。参拝者が的に命中させると幸運になると伝えられています。

住所 〒927-1451 珠洲市三崎町寺家4-2
料金 参拝無料 ※宝物殿拝見料(要予約) 大人300円 小・中学生無料
アクセス 木ノ浦線「須須神社前」徒歩すぐ
連絡先 須須神社
TEL 0768-88-2772

37.49763972831436, 137.34554379892734

ページの先頭へ